私がニキビとテカリを同時に解決した2つの方法 もう油ギッシュとは言わせない!?

 

 

顔がテカって同時にニキビが。。。

 

夕方になると顔がギトギト。。。

 

ニキビとテカリは一刻も早く解決したい問題ですよね。

 

私も8年以上ニキビ、テカリに悩まされてきました。

 

特に学生時代なんかは

「お前、いつも肌テカってるな」

と指摘され、返す言葉に困ることも。

 

どんなに睡眠や食事に気をつけて、サプリメントなんかにも手を出しても解決しなかったので半ば諦めていましたが、
何度も試行錯誤していくことでなんとか「ニキビ」「テカリ」を解決することができました。

 

今回は8年以上ニキビ・テカリに悩まされて私が、ニキビとテカリをほぼ同時に解決した方法を書いていこうと思います!

 

皮脂の過剰分泌で顔がテカル原因

 

皮脂が過剰に分泌されてしまう原因は様々ですが、前提として抑えておきたいのは

 

皮脂は必ずしも悪者ではない

 

ということです。

 

皮脂には肌を保護したり、細菌や雑菌が毛穴に侵入するのを防ぐ、肌をやわらく保つためにある程度は必要なものなんです。
なので、後に詳しく書いて行きますが、皮脂を頑張って落とそうと、1日に何回も洗顔を繰り返すと、肌が乾燥してしまい余計皮脂が分泌されてしまいます。

 

それで、皮脂が増えてしまう原因は一般的にこんなことが言われています。

 

食事

睡眠

ストレス

ホルモンバランス

洗顔のしすぎ

保湿不足

年齢

遺伝

体質

季節

体温

 

まぁ、挙げだすとキリがないですね。

 

この中で自分でコントロールできるのは

 

  • 食事
  • 睡眠
  • 洗顔のしすぎ
  • 保湿不足

 

くらいですね。

 

ストレスとかは、「ストレス発散方法」とかを試したところで、結局はその場しのぎで根本的な解決にはならないですしね。

 

遺伝とかも原因として言われていたりしますが、個人的にあまり関係ないかと。
私の父親はやたら皮脂が多い感じでしたが、私自身はテカリを克服できたので、

 

なので、「なんか自分の親、いつもあぶらとり紙持ってるな。。。」
とか思った人も、心配する必要はないです。

 

で、、、上記の4つ、「食事・睡眠・洗顔・保湿」に関しては自分である程度コントールが出来ます。

 

なんですが、、、私の場合はどんなに脂っこいものを控えようと、どんなに睡眠時間を確保して寝る時間を試行錯誤しようと、どんなに丁寧に洗顔料で顔を洗おうと、どんなに保湿に気を配ろうと、いつまで経っても「テカリ」は改善されませんでした。

 

なので、半ば「俺は一生このテカリ肌で生きて行くのか?…」と思っていましたが、実はまだ改善できる余地があったのです。

 

ニキビ・テカリを克服した2ステップ

 

それではここからは、私がニキビ・テカリを克服した方法を紹介していきたいと思います。

 

超簡単なたったの2ステップなので、誰でも実践できるはずです。

 

ステップ1:洗顔料をやめる

 

はい、思い切って洗顔料をやめてみました。

 

一度、洗顔料で顔を洗った後の肌の状態をよくチェックしてみてください。

 

もし洗顔後に肌が突っ張った感じがしたり、カサカサした感じがする場合は、一度洗顔料を使うのをやめてみることをオススメします。

 

私の場合は、肌に優しい洗顔料を使っていたので、肌が突っ張ることはありませんでしたが、微妙にカサカサした感じがしていました。

 

「まぁ、洗顔後だからこんなものだろう」

 

と思っていたのですが、実はそれが落とし穴だったんです。

 

要するに、

 

洗顔料を使うと肌を乾燥させてしまう

 

ということだったんです。

 

よく、スキンケアの方法で言われていることとして、

「洗顔はしっかり泡立てて優しく洗いましょう」

というのがありますが、なぜか洗顔料を使うのがデフォルトになっているんですよね。

 

そう、「洗顔=洗顔料を使ってやるもの」という思い込みが起こってしまっているんです。

 

そもそも、洗顔料の役割として言われているのが

 

水溶性の汚れを落とすこと

 

です。

 

水溶性の汚れというと、大気中のホコリや汗、皮脂が該当します。

ですが、水溶性の汚れは水で十分落ちてしまうんですよね。

 

水でほとんど汚れが落ちてしまった所に、さらに洗顔料で落とそうとするわけなので、そりゃあ、乾燥するよねっていうわけです。

 

ただ、女性で化粧をする場合は、メイク料は油溶性なので、クレンジング等を使う必要があります。
その部分だけ気をつければ、基本的に洗顔料は使わなくてOKということになります。
メイクをした日はクレンジングだけ使って、洗顔料は使わないでいいかと。

 

 

この洗顔料を使わない、いわゆる水洗顔、
正直最初はめちゃくちゃ抵抗がありました。

 

ですが、いざやってみると洗顔後に肌が全然カサついていない!

 

ニキビが急に増えたらどうしよう。。。とか思っていたのですが、そんな心配も無用でした。

 

いや〜常識は恐ろしいですね。
今まで何年感も洗顔料と共に顔を洗ってきているので、恐らくかなり抵抗があるかと思いますが、こればかりは騙されたと思ってやってみるしかないです(汗)。

 

私もそんな感じでやってみたので。

 

洗顔料をやめて、水だけで洗ってみる。

 

これだけで大分肌の乾燥とテカリが改善されるかと思います。

 

あと、お湯の温度に関しては、そこまで神経質になる必要はないかと思います。
さすがに45度とかだと熱すぎですが、普通に人肌程度の温度なら特に問題ないですね。

 

ステップ2:化粧水・美容液で保湿を徹底する

 

洗顔を終えた後の保湿はかなり重要です。

 

ここでやりがちなのが、

 

テカリを気にして化粧水だけで保湿を終わらせる

 

これは残念ながら、肌の乾燥を助長して、余計に皮脂の分泌を促してしまいます。

 

保湿に関するNG行為はこちらの記事を参考にしてみてください。

 

化粧水はほとんどが水なので、化粧だけを塗って終わりにしてしまうと、時間とともにどんどん蒸発して行ってしまいます。
同時に元々肌にあった水分も持って行かれてしまうので、化粧水を塗る前より肌が乾燥してしまうんです。

 

なので、

 

化粧水→美容液→必要に応じて乳液・クリーム

 

という流れで保湿をする必要があります。

 

私の場合、

 

朝:化粧水→美容液

夜:化粧水→美容液→部分的にクリーム

 

という感じにしています。

 

基本的に美容液と呼ばれるものが1番保湿・美容成分が濃縮されているので、美容液まで塗るのは必須ですね。
夜はニキビ跡を改善するためのクリームを部分的に塗っています。

 

乳液やクリームは必ずしも必要ではないですが、どうしても乾燥が気になる場所、ニキビ跡が気になる場所などには部分的に塗ると効果的です。

 

テカリ解消をさらにブーストアップさせるアイテム

 

上記で紹介した2ステップ、特にステップ1の「洗顔料をやめてみる」で大分テカリが解消されて、結果的にニキビも改善されてくると思いますが、テカリ改善をさらに加速させるアイテムがあります。

 

それはこちらの美容液です。

(画像クリックで公式サイトに移動します)

 

 

勇心酒造から発売されている「ライースクリアセラムNo.6」という美容液です。

 

 

こんな感じのジェル状の美容液ですね。↓

 

 

この美容液の何がすごいのかと言うと、

「皮脂線に働きかけて皮脂分泌を根本から抑えてくれる」

というものです。

 

あまり知られていない感じの美容液ですが、これを使い出してからは皮脂の分泌がかなり抑えらえるようになりました。

 

夕方になってもほとんどテカらないので、かなり効いている感じがします。
おかげで肌が大分サラサラになりました。

 

この美容液の詳細はコチラにまとめてみました。

 

まとめ

 

今回の内容をまとめると、

 

洗顔料の目的は水溶性の汚れを落とすこと

水溶性の汚れは水で十分落ちてしまう

洗顔後に肌が突っ張る、カサつく場合は洗顔料をやめてみた方がいい

化粧水だけの保湿は逆効果、美容液まで塗らないと保湿不足に

 

という感じになります。

 

かれこれ8年以上テカテカの油田肌に悩まされていたので、まさか洗顔料をやめて解決するとは思ってもいませんでしたが、騙されたと思ってやってみて良かったです。

 

色々試行錯誤しましたが、まさか洗顔料が悪さをしているとは。。。という感じでした。

 

洗顔後のカサつきに心当たりがある人は特に有効な対策かと思います。

 

 

8年間のニキビケア奮闘記

 

こんにちは、当サイト管理人のはっとりです。

 

8年以上ニキビに悩み、皮膚科にで処方された塗り薬でも完治させることは出来ませんでした。

 

化粧品を買い漁ってもニキビは改善せず、一時期はニキビ治療を諦めた時期もありましたが今ではなんとかニキビを克服することが出来ました。

 

「ニキビは皮膚科へ」

 

と言われたりもしますが、残念ながら皮膚科で行うような対処療法ではニキビを根本的に治療することはできません。

 

1つ1つ原因を潰して行かないと、いつまでもニキビが出来る負のスパイラルの陥ってしまいます。

 

私自身、間違った知識、スキンケアの常識に振り回され、いつまでもニキビを繰り返していました。

 

治りが悪かったこともあり、ニキビ跡も出来てしまいました。

 

ですが、諦めずに自分のニキビの原因を追求していった結果、一般的に正しいとされているスキンケアの常識には、落とし穴があることに気づきました。

 

皮膚科に行っても治らなかったニキビを克服した体験記はこちら

 

 

ニキビケアに化粧品はいらない?

「たくさん化粧品を買ったけど一向にニキビが良くならない...」

「ニキビ跡が気になりすぎてもう限界」

「一生このニキビ肌だったらどうしよう...」

 

こんなことを思ったことはありませんか?

 

ニキビやニキビ跡が出来てしまうと、ついつい化粧品ばかりに目が行ってしまいますよね。

 

実は、いつも使っているその化粧品が、あなたの肌を知らず知らずの内に痛みつけているケースがあるんです。

 

「どんなに化粧品を買い漁っても何も変わらない」という時は、「化粧品すらも使わないニキビケア」がおススメです。

 

 

おすすめの記事