りんごはニキビに効果あり? ただし〇〇な人には逆効果?!

 

 

食事とニキビは密接な関わりがあると言われています。

 

特に、ビタミンを多く含むフルーツ類は肌にいい成分が豊富に含まれています。
その中でも、今回紹介するりんごは、「1日1個のりんごが医者を遠ざける」と言われているほどのパワーの持ち主です。

 

もちろん、肌にいい成分も含まれているので、ニキビに良いことは違いないのですが、実はちょっと注意が必要です。

 

とうわけで、今回はりんごのニキビへの効果と、気をつけないとニキビが悪化してしまう点について紹介していきます。

 

 

りんごに含まれるニキビに効く成分は?

 

 

美白に良い高性能なビタミンC

 

実はりんごに含まれるビタミンCの量は、キウイやレモンなどの他のフルーツよりも少ないです。

 

ですが、りんごに含まれるビタミンCは、酸化型ビタミンCという破壊されにくビタミンなので、体内に到達しやすくなっています。
量は少なくても、質の高いビタミンという感じですね。

 

ビタミンCにはメラニンの生成を抑えることによる美白効果があったり、プルプル肌に欠かせないコラーゲンの生成に関わっている成分です。
抗酸化作用もあるので、アンチエイジング的にも欠かせいないですね。

 

肌のターンオーバーを正常に保つのにも必要な成分なので、ニキビ跡の改善にも重要な役割を担っています。

 

万能美容成分と言われているだけあって、非常にオールマイティに効果を発揮してくれます。

 

便秘解消に不可欠な食物繊維

 

食物繊維には

 

  • 水溶性食物繊維(便を柔らかくしてくれる)
  • 不溶性食物繊維(腸の運動を促して排便を促進してくれる)

 

の2種類がありますが、りんごには両方とも含まれているので、便秘解消にはうってつけのフルーツです。

 

便通が良くなることで、体内に老廃物が溜まるのを防ぐことができるので、新たなニキビの予防にも繋がりますね。

 

さらに、りんごに含まれるりんごペクチンという食物繊維は、食前に食べることで血糖値の急上昇を防ぐ効果があります。
これによって、糖化(血液中に余った糖がタンパク質や脂質とくっつき、AGEという老化促進物質を作り出してしまう事)を防ぐことができるので、これもまたアンチエイジング、肌の劣化を防いでくれるわけです。

 

それ以外にも、ビフィズス菌を増やす作用もあると言われていて、腸内環境を整える効果があります。

 

抗酸化作用のあるポリフェノール

 

ぶどうやワイン、コーヒーに含まれていることで有名なポリフェノールですが、りんごにも含まれています。

 

ポリフェノールには抗酸化作用があるので、老化の原因となる活性酸素の働きを抑えてくれます。
つまり、しみやシワの予防に効果的というわけですね。

 

特に、りんごに含まれる「りんごポリフェノール」は、ポリフェノールの中でも抗酸化作用が高いとされているので、よりアンチエイジングに効果的です。

 

凸凹のニキビ跡を目立たなくさせるには、肌のハリを保つ必要があるので、肌細胞の老化はできるだけ防いでいきたいところです。

 

その他にも、ポリフェノールには動脈硬化を抑える働きがあり、脳の働きをスムーズに保つのにも役立ちます。
思考が明瞭になることで、ストレスも減るので、結果的にニキビ予防にも繋がりますね。

 

クエン酸で血液がサラサラに?

 

疲労回復で有名なクエン酸ですが、血液をサラサラにする効果があると言われています。

 

血液がサラサラになることで、血流改善に繋がるので、肌のターンオーバーの正常化に効果があります。

 

ニキビ跡の改善には、肌のターンオーバーを正常に保つことが不可欠になってくるので、血液がサラサラになるのは非常に嬉しい効果ですね。

 

血流が改善することで、老廃物が体に溜まるのを予防できたり、代謝アップにも繋がります。
身体中を血液がしっかりと流れるようになれば、冷えの改善にも繋がり、肌へしっかりと栄養が行き渡るようになるので、ニキビ肌の改善を加速してくれます。

 

もちろん、クエン酸による疲労回復効果で、余計なストレスが溜まるのも防ぐことができるので、ストレスニキビの予防にも役立ちますね。

 

特に、筋トレや有酸素運動などをすると代謝アップによってニキビ肌改善に繋がりますが、疲労回復目的でクエン酸を摂取するとより効果的になります。
一石二鳥という感じですね。

 

 

より効果的なりんごの食べ方とは?

 

りんごの鮮度に注目する

 

手っ取り早く効果的に食べるには、りんごの鮮度に注意して選ぶといいです。

 

鮮度が高い方が美味しさ的にも、成分的にも有利になってきます。
せっかく買うなら鮮度が良いものを選びたいところですね。

 

鮮度を見分ける3つのポイントを紹介すると

 

  1. いぼり(表面のでこぼこ)があるものを選ぶ
  2. ツル割れしているものを選ぶ
  3. 表面がツヤツヤしているものを選ぶ

 

という感じです。

 

1のいぼりに関しては、表面が凸凹しているものは完熟しているしるしで、表面がツルツルしているものより糖度が高く、甘くて美味しい状態になっています。

 

2のツル割れとは、ツルが生えているところが割れている状態のことです。
傷が入っているように見えて、避けたくなってしまいますが、これもりんごがしっかりと熟しているしるしとなります。
ツル割れを修復するために、りんごが甘くなると言われています。

 

3の表面のツヤツヤもよく熟している証拠です。
りんご表面のべたつきやツヤは、農薬やワックスによるものではなく、りんご独自の保湿成分となっています。
なので、気にせず手にとっても大丈夫というわけですね。

 

 

皮ごと食べてポリフェノールアップ

 

りんごにはりんごポリフェノールという抗酸化作用、アンチエイジングに優れた成分が含まれていることでしたが、このりんごポリフェノールは皮の赤い部分により多く含まれています。

 

なので、皮を剥かずに食べることで、よりりんごポリフェノールの恩恵を受けられるということですね。
個人的には、皮なしの方が食べやすくて好きですが、せっかく食べるなら皮ごと食べた方がいいわけです。

 

ただ、皮ごと食べる際は、農薬などが付着している場合があるので、事前にしっかりと洗ってから食べるようにしましょう。

 

皮が嫌いな人は、たまに皮つきで食べるスタイルにするといいかと思います。

 

 

温めて冷え予防

 

りんごを含めてフルーツというと、体を冷やしてしまうイメージがあるので、冷え性の人は敬遠しがちかと思います。

 

ですが、りんごの場合はレンジなどで簡単に温めて食べることができるので、体を冷やさずに味わうことができます。

 

温めると言うと、せっかくのビタミンCが破壊されてしまうのでは?と思うかもしれませんが、りんごに含まれているビタミンCは熱に強いので、特に問題はないんです。
さらに、温めることによって整腸作用がより働くと言われているので、便秘解消にもより役立ってくれます。

 

 

実は注意が必要なりんごの食べ方

 

りんごヨーグルトは少し注意が必要?

 

 

りんごとヨーグルトは味の相性も良くて、非常に美味しいのですが、少し注意が必要です。
ヨーグルト言うと、便秘解消に良いイメージがありますが、あまり慢性的に食べていると、逆に便秘になってしまう可能性があるんです。

ヨーグルトには牛乳に含まれている、乳糖という成分が含まれていますが、日本人にはこの乳糖を分解する酵素が少ないため、なかなか消化されずに腸内にとどまりがちです。
それによって、腸に負担がかかり、腸の働きが悪くなってしまうことで、便秘になってしまうケースがあるというわけです。

 

特に、乳糖不耐症(牛乳やヨーグルトで下痢をしてしまう症状)であったり、過敏性腸症候群の方は、無理してヨーグルトと一緒に食べるのは控えた方が良いですね。
消化負担が大きくなってしまうので、ニキビには逆効果になってしまうこともあります。

 

私も過敏性腸症候群の症状があるので、乳糖が含まれているものはできるだけ避けるようにしています。

 

りんごジュースはビタミンCが激減?

 

りんごをいちいち切って食べるのはめんどくさい。。。と思う方は少なくないかと思います。
りんごジュースなら手軽に飲めるから良いじゃん、と考えたくなってしまいますが、ジュースにした段階でせっかくの肌に良い成分が失われてしまうんです

 

りんごに含まれているビタミンCは、熱には強いですが、酸化には弱いです。
さらに、食物繊維やポリフェノールも、ジュースにした時点でほとんど含まれていない状態となっています。

 

なので、ニキビケアを考えるなら、りんごジュースではなく、生の状態で食べた方が良いということです。
りんごジュースだとほとんど意味がないという感じですね。

 

私もかなり面倒くさがりなので、あ〜切るの面倒くせぇーとなりますが、やっぱり食べるなら生が1番ということですね。

 

毎日食べるのはNG?

 

いくらりんごが肌に良いからと言って、毎日のように食べるのは出来るだけ避けたほうが良いです。

なぜかと言うと、同じものを毎日食べ続けると、遅延型アレルギー(食べてから数時間〜数日後に発症するアレルギー)のリスクが高まってしまうからです。

 

遅延型アレルギーは、同じ好物を毎日食べる習慣のある人に発症しやすいと言われているので、美容や健康に良いものでも毎日食べ続けるのは避けた方が良いということですね。
遅延型アレルギーの症状ととして、ニキビや吹き出物ができてしまう人もいるので、毎日食べるのではなく、週に3回程度にした方がよりアレルギーのリスクを軽減できます。

 

先ほど紹介したヨーグルトに関しても、遅延型アレルギーを発症しやすい食べ物とも言われているので、あまり頻繁に食べるのは避けた方が無難です。

 

私の場合、バナナが好物で、一時期毎日1~2本食べていた時がありましたが、遅延型アレルギーのことを知ってからは、多くて週に3回程度に抑えるようにしました。
ほんのわずかですが、新しいニキビが出来にくくなった感じがしています。

 

もう一つ、過敏性腸症候群の方は、りんごを食べる際は注意が必要です。

 

過敏性腸症候群の方は、高FODMAP食(フォドマップ)と言われている食品を食べると、腹部膨満感や下痢の症状が出てしまう、出やすいと言われています。
残念ながら、りんごは高FODMAP食に分類されているので、食べる際は様子をみながら試した方が良いです。

 

高FODMAP食に分類されている食べ物全てが下痢や腹部膨満感を引き起こすわけではないので(人によって高FODMAP食でも大丈夫なものがあります)、食べてみて大丈夫なら気にせず食べ続けも問題ないという感じです。

 

あいにく、私の場合りんごはちょっとNGの模様です。。。

 

りんご酢のピーリングは肌に良くない?

 

りんご酢(りんごの果汁を熟成・発酵させたもの)にはピーリング効果(皮膚の表面を溶かしてターンオーバーを活性化させること)がありますが、乾燥肌、敏感肌であったり、ニキビがある状態の肌には使わない方が良いです。

 

特に、ニキビがある状態の肌は、かなり肌が弱っている可能性が高いので、ピーリングなどは刺激になってしまう上に、肌荒れが悪化してしまう可能性もあります。

 

私自身、ニキビ肌で悩んでいた時期に、ピーリング系の化粧品を使ってしまったことで、敏感肌を加速させてしまった経験があります。
敏感肌が加速すると、化粧水や洗顔料がしみるようになるので、せっかくのスキンケアが苦痛になってしまいます。

 

自分で敏感肌を作り上げてしまった感じですね。
あの頃は肌がボロボロで、かなり苦しい時期でした。

 

もしピーリングをするなら、肌の状態が良い状態の時にやることをおすすめします。
その時も、あまり頻繁に行うと敏感肌に繋がってしまうこともあるので、週に1回程度にした方が良いですね。

 

その他に、りんご酢には抗菌・殺菌効果があるほか、肌の引き締めにも良いと言われていますが、実はこれは科学的根拠がほとんどないとされています。

 

殺菌効果でアクネ菌が減る→ニキビに良いのでは?
と思うかもしれませんが、アクネ菌肌の常在菌なので必ずしも悪者ではないので、むやみにアクネ菌を殺菌しようとしてもニキビにはあまり効果がないです。

 

そうなの?と思った方はこちら↓

 

まとめ

 

今回の内容を簡単にまとめると

 

fa-check-circleりんごに含まれるビタミンC・食物繊維・ポリフェノールはニキビ予防に効果的

fa-check-circle新鮮なりんご、皮ごと、温めて食べることでより効果がアップ

fa-check-circleりんご、りんごヨーグルトの食べ過ぎには注意が必要

fa-check-circleりんごジュースだとせっかくの肌に良い成分が失われてしまう

fa-check-circleりんごに限らず、同じものを毎日頻繁に食べていると、遅延型アレルギーでニキビを発症するリスクが上がることも

fa-check-circleニキビ、乾燥肌、敏感肌に悩んでいる人は、リンゴ酢でピーリングをするのは出来るだけ避けた方が良い

 

 

という感じになります。

 

りんごには肌に良い成分がしっかりと含まれていますが、食べ過ぎには注意が必要という感じですね。
食べ過ぎにさえ注意すれば、よりニキビケアに効力を発揮してくれるので、さりげなく食事に取り入れて行きたい果物です。

 

 

 

 

 

 

 

8年間のニキビケア奮闘記

 

こんにちは、当サイト管理人のはっとりです。

 

8年以上ニキビに悩み、皮膚科にで処方された塗り薬でも完治させることは出来ませんでした。

 

化粧品を買い漁ってもニキビは改善せず、一時期はニキビ治療を諦めた時期もありましたが今ではなんとかニキビを克服することが出来ました。

 

「ニキビは皮膚科へ」

 

と言われたりもしますが、残念ながら皮膚科で行うような対処療法ではニキビを根本的に治療することはできません。

 

1つ1つ原因を潰して行かないと、いつまでもニキビが出来る負のスパイラルの陥ってしまいます。

 

私自身、間違った知識、スキンケアの常識に振り回され、いつまでもニキビを繰り返していました。

 

治りが悪かったこともあり、ニキビ跡も出来てしまいました。

 

ですが、諦めずに自分のニキビの原因を追求していった結果、一般的に正しいとされているスキンケアの常識には、落とし穴があることに気づきました。

 

皮膚科に行っても治らなかったニキビを克服した体験記はこちら

 

 

ニキビケアに化粧品はいらない?

「たくさん化粧品を買ったけど一向にニキビが良くならない...」

「ニキビ跡が気になりすぎてもう限界」

「一生このニキビ肌だったらどうしよう...」

 

こんなことを思ったことはありませんか?

 

ニキビやニキビ跡が出来てしまうと、ついつい化粧品ばかりに目が行ってしまいますよね。

 

実は、いつも使っているその化粧品が、あなたの肌を知らず知らずの内に痛みつけているケースがあるんです。

 

「どんなに化粧品を買い漁っても何も変わらない」という時は、「化粧品すらも使わないニキビケア」がおススメです。

 

 

おすすめの記事