ニキビ・肌荒れには肉より魚を食べた方がいい理由。大事なのは野菜よりタンパク質?

 

 

「頑張って野菜を食べているのに肌荒れが良くならない。。。」

「野菜中心にしているのにニキビが次々と出来る。。。」

 

ニキビ、肌荒れに悩み出すと、食事にも気を使うようになりますが、野菜を意識して摂ってもちっとも良くならないなんてことは良くあることかと思います。

 

そんな時に疑った方がいいのは

 

「タンパク質不足」

 

です。

 

なぜなら、タンパク質は肌に関わらず体の細胞、あらゆる部位を作る材料となっているからです。

 

健康的な肌を維持するためには、野菜などに含まれるビタミン云々以前に、細胞などの材料となるタンパク質が必要不可欠なんです。

 

実際、タンパク質が不足するとすぐに顔に現れると言われています。

 

例えばベジタリアンの人。

 

ベジタリアンの人は慢性的にタンパク質不足で、顔が実年齢より老けて見えることが多いとされています。

 

健康になるどころか、逆に老化を早めてしまっているわけですね。

 

それだけタンパク質は肌、健康にとって重要な栄養素というわけです。

 

ただ、タンパク質というと「肉っ!」というイメージが強いかもしれませんが、実は魚の方が圧倒的に優れた食べ物なんです。

 

そうは言っても

 

「いや〜、肉の方が美味しいじゃん」

 

と思う方もいるかと思います。

 

私も以前は、

「魚ってあまり美味しくないよな〜」

と思っていました。

 

ですが、今回書いていく魚のメリットを知ってからは、進んで肉を食べる機会が圧倒的に少なくなりました。

 

むしろ、逆に

 

「もしかして魚の方がうまい?」

 

と感じるようになっています。

 

そんなわけで、今回はタンパク質の補給には肉より魚の方が断然いい理由を書いて行こうと思います。

 

 

 

タンパク質は最も重要な栄養素?

 

 

ニキビや肌荒れに良い栄養素というと、ビタミンや食物繊維が有名ですね。

 

ですが、どんなにビタミンや食物繊維を摂取しても、タンパク質が不足していると全く無意味になってしまいます。

 

タンパク質はいわば「生命の源」となる栄養素です。

 

体全体を覆う肌、心臓や胃腸などの内臓、消化酵素、病気やウイルスと戦う抗体。。。。
体内のあらゆる物質がタンパク質から出来ています。

 

なので、そもそものタンパク質が不足していると、ビタミンや食物繊維を摂取してもうまく吸収されずに終わってしまうんです。

 

これって意外と見落としがちですよね。

 

ついついビタミンが〜とか、食物繊維で便通が〜という言葉に踊らされがちですが、実はタンパク質が第一の土台になっていたんです。

 

タンパク質は細胞の修復にも必要不可欠です。
この細胞の修復が遅れてしまうと、肌にしわ、シミが残ったままになり、日に日に老化が進んで行ってしまいます。

 

タンパク質の元となるアミノ酸は全部で20種類、そのうち体内で作ることができるアミノ酸は11種類となっているので、
残りは外部から食事で補う必要があります。
さらに、1種類でもアミノ酸が欠けると、細胞の修復が不完全に終わってしまったり、修復のスピードもダウンしてしまいます。

 

この体内で作れないアミノ酸を摂取しないと、肌の老化、タルミ、顔のシャープさが失われ、肌の老化が進み、肌荒れを含む肌の健康が失われて行ってしまうんです。

 

これのなかなか恐ろしいところは、タンパク質不足になると20代から顔に老化の兆候が出て来てしまうことです。

 

「まぁ、まだ若いから大丈夫かな?」

 

という油断は禁物ということですね。

 

特に、ベジタリアン、菜食主義の生活を送っていたり、今はあまり聞かない低脂肪ダイエットをやっていたりすると、タンパク質が慢性的に不足してしまいます。

 

ベジタリアン的な食生活ですと、穀物・野菜・豆などからタンパク質の原料となる必須アミノ酸を摂取することになるのですが、同時に摂取する炭水化物の量が多いため、タンパク質の効果が打ち消されてしまうんです。

 

さらに、じゃがいもや米、トウモロコシなどに含まれる糖質は肌のコラーゲンを傷つける元にもなります。

 

30グラムのタンパク質を摂ろうと思った時に、菜食主義でなければ鳥の胸肉を料理に足すだけで済み、カロリーもせいぜい110kcalほどで済みますが、野菜だけで摂取しようとすると、豆2カップも食べる必要があります。

 

 

しかも、豆には全ての必須アミノ酸が含まれているわけではないので、効果もいまいちとなってしまいます。

 

豆を2カップも食べるのは大変ですし、途中で飽きてしまいまうかと思います。

 

こういった感じで、ベジタリアン的な食生活ですとタンパク質が不足し、足りないタンパク質を補うために体が自らの筋肉、組織を壊してまで補おうとします。
そして、肌のハリが失われ、年齢より老けた見た目となってしまうんです。

 

 

ここまで大分タンパク質不足のデメリットを書きましたが、タンパク質中心の食事にすることで、ちゃんと肌のハリ、色、キメを取り戻し、維持していくことが出来るので安心して頂ければと思います(笑)。

 

肉より魚が良い理由

 

 

 

タンパク質不足の恐ろしさを確認したところで、本題の「肉より魚が優れている理由」に入って行きたいと思います。

 

魚の優秀さをサクッとまとめると、

 

消化が良い

全種類の必須アミノ酸が含まれている

肉を含む他の食品より飽和脂肪が含まれていない

さらにカロリーも少ない

強力な抗炎症作用を持っている

ビタミンB群、ミネラルも含まれている

肌のハリを保つDMAEという成分が含まれている

体内で作られないオメガ3が豊富

 

といった感じになります。

 

肉より魚の方が消化が良いのは体感的に分かりやすいかと思います。

 

肉を食べた後と、魚を食べた後、どちらがお腹が軽いかと言われれば、断然魚ですね。
消化が良いということは、消化に使う体のエネルギーを節約できるので、その分を代謝の方に使うことが出来ます。

 

なので、代謝がよりよくなるということです。
肌の綺麗さに代謝の良さは必須ですが、代謝が良いということはダイエット的にも有利になります。

 

 

アミノ酸も全種類が含まれているので、タンパク質の合成が非常にスムーズになります。
先ほど言いましたが、アミノ酸は1種類でも欠けてしまうと、細胞の修復スピード、完成度がダウンしてしまいます。

 

食べ物に含まれる脂肪には、控えた方が良い脂肪と健康・美容的に食べた方が良い脂肪がありますが、魚には「健康・美容的に食べた方が良い脂肪」が豊富に含まれているだけでなく、控えた方が良い脂肪の含有量が、肉を含む他のタンパク質が多い食品よりも少なくなっています。

 

控えた方が良い脂肪は、トランス脂肪、飽和脂肪などがありますが、これらは摂取しすぎると心臓病や高血圧などの病にかかりやすくなると言われています。
さらに、飽和脂肪は酸化されると、体内で炎症反応を引き起こしてしまい、結果的に老化にも繋がるとのことです。
牛肉や豚肉などの赤身の肉にはこの飽和脂肪が含まれていますが、あまりメイン慢性的に食べるのはできるだけ避けた方が良いということになります。

 

それに対して魚には「不飽和脂肪」と呼ばれる健康、美容的に有利になる脂肪が豊富に含まれています。
不飽和脂肪酸には、オメガ3・オメガ6・オメガ9と呼ばれる3種類がありますが、魚にはオメガ3が豊富です。

 

オメガ3は体内で作られないので、食事から摂取する必要があります。
サケ・サバ・マスなどに最も豊富に含まれているので、あえて魚をチョイスするなら、この中から選ぶと良いです。

 

個人的にサケはあまり好きではないのですが、サバは結構好きですね。
サバの塩焼き、味噌煮はけっこう美味いです(笑)。

 

魚にはオメガ3などの良質な脂肪が含まれるだけではなく、ビタミンB群やミネラルも含まれているので、栄養源としてかなり優れています。
細胞の再生をよりブーストアップしてくれます。

 

DMAEとは何ぞやと思うかもしれませんが、これは「ジメチル・アミノ・エタノール」という強力な抗酸化物質のことです。
特にサケに多く含まれています。
神経機能を刺激して、筋肉を引き締めて肌のハリを保つ効果があります。

 

DMAEは肌のハリ・たるみ予防以外にも、頭の思考力・記憶力を高める効果があります。
肌を綺麗に保ちつつ、頭もスッキリさせてくれる万能食品ですね。

 

オリーブオイルで美肌効果がアップ?

 

 

魚だけでも健康・美容に効果があるのですが、これにオリーブオイルを加えるとさらに効果がパワーアップします。

 

オリーブオイルを加えることによって、肌の保湿力アップが期待できたり、ガンの予防にも効果を発揮してくれます。

 

実際、地中海の国々に住む人はオリーブオイルを毎日摂っているとのことですが、肥満率や心臓病の発症率がアメリカや日本より低くなっています。

 

オリーブオイルにはビタミンE、オレイン酸、水酸化ソロチルなどが含まれていて、地球上に存在する最も強力な抗炎症作用をもつ食品の1つと言われています。

 

だいぶインパクトのある食品ですね。

 

特に、地中海、スペイン地方で生産されるエキストラバージンオリーブオイルには、ポリフェノールの中で最も強力な抗酸化作用のある水酸化ソロチルが含まれています。
アンチエイジング、美白対策など、肌を綺麗にする目的でオリーブオイルを摂るなら、地中海、スペイン地方産のエキストラバージンオリーブオイルがベストです。

オリーブオイルは、生産される過程で圧搾という工程であるのですが、選ぶならこの圧搾回数が少ないものを選んだ方が良いです。
圧搾をするたびに、オリーブオイルが酸化してしまうからです。

 

初回の圧搾で生産され、かつ地中海産のエキストラバージンオリーブオイルが品質的に1番良いということになります。

 

スーパーなどでは手に入りにくいですが、iHerbなどの通販サイトで手に入りやすいです。

 

 

 

 

 

食事はタンパク質を最初に食べると◎

 

 

 

一時期、食べ順ダイエットと呼ばれるものが流行りましたね。

 

野菜から食べてそのあとに食べる糖質の吸収を抑え血糖値の上昇を抑えることで、脂肪の蓄積をできるだけ抑えるという食べ方です。

 

ですが、これには少し落とし穴があるんです。

 

なぜなら、野菜から食べると後から食べるタンパク質の吸収まで抑えられてしまうからです。

 

上の方で書きましたが、タンパク質は細胞の修復に必須な栄養素なので、わざわざ吸収を抑えてしまうのは非常にもったいないことになります。

 

それに加えて、野菜には意外と糖質が高い食材があるので、野菜から食べていても血糖値が上がりやすい状態になってしまうこともあります。

 

なので、タンパク質から食べた方がより確実に血糖値を抑えられる食べ方になるんです。

 

タンパク質→野菜→その他炭水化物

 

という順番ですね。

 

タンパク質から食べることで、肌、体の健康に必要不可欠なタンパク質を確実に吸収しつつ、野菜から食べる場合より血糖値を上げずに済むというわけです。

 

私もちょっと前までは野菜から食べていましたが、これを知ってからは肉や魚などのタンパク質類を最初に食べるようにしています。

 

タンパク質類と野菜を食べた時点で結構お腹は満たされると思うので、そこで食事を終わりにすれば余計な炭水化物を摂取せずに済みますね。
なので、糖質制限、ダイエットをしている人にもぴったりな食べ方かと思います。

 

まとめ

 

今回の内容をまとめると

 

タンパク質は肌、体の健康に必要不可欠な栄養素

タンパク質が慢性的に不足していると年齢より老けて見えるようになる

魚は余計な脂肪が少なく、健康・美容上良い油が豊富に含まれている

オリーブオイルには肌の保湿力をアップする効果、強力な抗酸化作用が含まれていてアンチエイジング、美白対策に使える

食事は野菜からではなく、タンパク質から食べた方が健康・美容的に◎

 

という感じになります。

 

実際に、肉中心の食生活から魚中心の生活に切り替えたことで、ニキビ、吹き出物が減ったという人も存在します。

 

普段お肉ばかりになりがちな人は、意識して魚を取り入れるとより肌の健康度アップが期待できますね。

 

 

 

8年間のニキビケア奮闘記

 

こんにちは、当サイト管理人のはっとりです。

 

8年以上ニキビに悩み、皮膚科にで処方された塗り薬でも完治させることは出来ませんでした。

 

化粧品を買い漁ってもニキビは改善せず、一時期はニキビ治療を諦めた時期もありましたが今ではなんとかニキビを克服することが出来ました。

 

「ニキビは皮膚科へ」

 

と言われたりもしますが、残念ながら皮膚科で行うような対処療法ではニキビを根本的に治療することはできません。

 

1つ1つ原因を潰して行かないと、いつまでもニキビが出来る負のスパイラルの陥ってしまいます。

 

私自身、間違った知識、スキンケアの常識に振り回され、いつまでもニキビを繰り返していました。

 

治りが悪かったこともあり、ニキビ跡も出来てしまいました。

 

ですが、諦めずに自分のニキビの原因を追求していった結果、一般的に正しいとされているスキンケアの常識には、落とし穴があることに気づきました。

 

皮膚科に行っても治らなかったニキビを克服した体験記はこちら

 

 

ニキビケアに化粧品はいらない?

「たくさん化粧品を買ったけど一向にニキビが良くならない...」

「ニキビ跡が気になりすぎてもう限界」

「一生このニキビ肌だったらどうしよう...」

 

こんなことを思ったことはありませんか?

 

ニキビやニキビ跡が出来てしまうと、ついつい化粧品ばかりに目が行ってしまいますよね。

 

実は、いつも使っているその化粧品が、あなたの肌を知らず知らずの内に痛みつけているケースがあるんです。

 

「どんなに化粧品を買い漁っても何も変わらない」という時は、「化粧品すらも使わないニキビケア」がおススメです。

 

 

おすすめの記事