インナードライがこれで治った?! 大事なのは保湿より〇〇だった…

 

 

肌内部が乾燥しているがために皮脂が過剰に分泌されて顔がテカってしまう「インナードライ」というのあがありますね。

 

私自身も以前は「顔がテカルから自分は脂性肌だ」と思っていましたが、実際はインナードライという感じでした。

 

よく言われているインナードライのケア方法としては、

 

「ゴシゴシ洗顔をしない」

「とにかく保湿を徹底!」

 

というのがよく言われている事かと思います。

 

ただ、私は上記のことをどんなに徹底しても、なかなかインナードライによる顔のテカリは改善しませんでした。

 

どんなに洗顔を丁寧にやろうと、一生懸命化粧水、美容液を塗ろうと、どうしても鼻とおでこは夕方になると油田状態に。。。

 

「この皮脂の多さは諦めるしかないのか?」

 

と思ったりもしました。

 

ですが、少し視点を変えてケアをすることで、肌の乾燥、そして過剰な皮脂によるテカリが改善できたのです。

 

というわけで、今回は私がインナードライを改善した、極めてシンプルな方法を書いていきたいと思います。

 

 

インナードライを改善させたシンプルなスキンケア方法とは?

 

 

私がインナードライ、顔のテカリを大きく改善した方法はズバリ、

 

「洗顔料を使うのをやめる」

 

です。

 

それだけ?と思うかもしれませんが、あれこれ保湿化粧品を取っ替え引っ替えするより、これが1番効果のある方法でした。

 

そもそもなんですが、洗顔料の役割というのは、水溶性の汚れを落とすことです。

 

例えば、毛穴から分泌される皮脂や空気中のホコリ・汚れといったものですね。

 

「余分な皮脂が残っていると、皮脂が酸化して肌の炎症、刺激の元になります。」

「洗顔は洗顔料をしっかりと泡だてて肌に優しく洗いましょう」

 

とよく言われていますが、水溶性の汚れは水で十分落とせてしまうので、実は洗顔料は必要なわけではないんです。

 

要するに水でパシャパシャと顔を軽く流せば、汚れは十分落とせてしまうわけです。

 

長年「洗顔=洗顔料を使ってやるもの」というある種の常識のようなものができてしまっているので、洗顔料はそもそも必要なものではないという認識はほとんどないかと思います。

 

ですが、洗顔料を使うとかなりの確率で洗顔後に肌の乾燥感が出てきます。

 

普通に保湿をしているのに、なかなかインナードライ、皮脂の分泌量がいまいち減らなかったので、「もしかして洗顔料が原因では?」とふと思い、水洗顔を実践してみたところ、これがドンピシャでした。

 

洗顔料を使うことで肌の乾燥が招かれてしまっていたようです。

 

水洗顔を実践するようになってからは、洗顔後、風呂上がりの時に肌がカサカサしてないのでかなり快適です。

 

最初はもちろん、抵抗はありました。

 

「いや〜、もしニキビが急に勃発したらどうしよう。。。」

 

とかですね。

 

ですが、そんな心配は完全に杞憂でしたね。

 

特にニキビができることもなく、むしろ肌の乾燥が和らいで前よりニキビができにくくなったような気がします。

 

乾燥が和らいだおかげで、同時に皮脂の過剰分泌も治ってきたようです。

 

以前は夕方にもなれば、おでこ、鼻は油田のごとく皮脂を分泌し、テカリたい放題だったのですが、今ではだいぶマシになっています。

 

「これならテカリを気にせず人前に出られる」

「もうあぶらとり紙は必要ないな」

 

という安心感がありますね。

保湿はそのまま継続する

 

 

 

洗顔料はやめましたが、保湿の方は引き続き継続しています。

 

ただ、ここで注意したいのは「化粧水だけで保湿を終わらせるのはNG」ということです。

 

こちら↓の記事で保湿に関するよくある勘違いをまとめているのですが、化粧水だけを塗るなら、何も塗らない方がいいです。

 

化粧水はほとんどが水でできているので、化粧水だけを塗っても後から水分が蒸発してしまう上に、同時に肌の水分も持って行かれてしまいます。

 

なので、美容液までは塗る必要があるということですね。

 

水洗顔というと「肌断食」を連想する人もいるかもしれませんが、いきなり完全な肌断食を実践するのはあまりおすすめできないです。

 

昔、完全な肌断食、洗顔料を使わずに化粧水、美容液も何も使わないというのを軽く実践してみたことがありますが、余裕で挫折しました(笑)。

 

いきなり全てを断ってしまうと、やはり肌が猛烈に乾燥してしまい、カサカサしてかなり辛かったです。

 

スキンケア化粧品はできるだけ使わない方がいいということも言われていて科学的な検証結果も出ているので、できるだけ使用頻度を下げて最終的にはスキンケア化粧品を使わなくても大丈夫な肌にした方がいいのは確かです。

 

ですが、肌断食をやるにしても、いきなり全ての保湿アイテムを断ち切るのはかなりキツイですね。

 

徐々に使用頻度を落としていく感じでやって行った方がいいかと。
例えば、朝は何もつけないとか、今まで塗っていた乳液だけやめてみるとかですね。

 

そうすれば徐々にスキンケア化粧品を手放していけるかと思います。
私も現在進行形で実践しています。

テカリ抑制を手助けしてくれるアイテム

 

水洗顔を実践するだけでも大分テカリが治ってくると思いますが、皮脂線に働きかけて皮脂の分泌を抑えてくれるアイテムがあるので紹介しておきたいと思います。

 

それはこちらです↓

 

 

 

ライースクリアセラムNo.6という美容液です。

 

中身はこんな感じのジェルですね。

 



 

詳しいレビューはこちらの記事↓に書いてありますが、割と即効性が感じられるアイテムだったので、皮脂の多さ、テカリに悩んでいる人にはかなり役立つアイテムかなと思います。

 

ちなみにこちらのサイトで買うことができます。

 

 

普段の保湿ケアにプラスするだけなので、非常に手軽に使うことができます。
使い方は化粧水の後に顔に塗るだけです。

 

まとめ

 

今回の内容をまとめると

 

洗顔料は水溶性の汚れを落とすためのもの

皮脂やホコリなどの水溶性の汚れは水だけで十分落ちる

洗顔料は必需品なわけではない

洗顔料をやめたらかなりテカリ、インナードライが改善した

 

という感じになります。

 

私の場合、食生活や睡眠にも気をつけてもインナードライはほとんど改善しませんでしたが、この「水洗顔」はかなり効果があった方法です。

 

一生懸命保湿をしているのになかなかインナードライ、テカリが治らないという方は参考にしてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8年間のニキビケア奮闘記

 

こんにちは、当サイト管理人のはっとりです。

 

8年以上ニキビに悩み、皮膚科にで処方された塗り薬でも完治させることは出来ませんでした。

 

化粧品を買い漁ってもニキビは改善せず、一時期はニキビ治療を諦めた時期もありましたが今ではなんとかニキビを克服することが出来ました。

 

「ニキビは皮膚科へ」

 

と言われたりもしますが、残念ながら皮膚科で行うような対処療法ではニキビを根本的に治療することはできません。

 

1つ1つ原因を潰して行かないと、いつまでもニキビが出来る負のスパイラルの陥ってしまいます。

 

私自身、間違った知識、スキンケアの常識に振り回され、いつまでもニキビを繰り返していました。

 

治りが悪かったこともあり、ニキビ跡も出来てしまいました。

 

ですが、諦めずに自分のニキビの原因を追求していった結果、一般的に正しいとされているスキンケアの常識には、落とし穴があることに気づきました。

 

皮膚科に行っても治らなかったニキビを克服した体験記はこちら

 

 

ニキビケアに化粧品はいらない?

「たくさん化粧品を買ったけど一向にニキビが良くならない...」

「ニキビ跡が気になりすぎてもう限界」

「一生このニキビ肌だったらどうしよう...」

 

こんなことを思ったことはありませんか?

 

ニキビやニキビ跡が出来てしまうと、ついつい化粧品ばかりに目が行ってしまいますよね。

 

実は、いつも使っているその化粧品が、あなたの肌を知らず知らずの内に痛みつけているケースがあるんです。

 

「どんなに化粧品を買い漁っても何も変わらない」という時は、「化粧品すらも使わないニキビケア」がおススメです。

 

 

おすすめの記事