[少食でニキビ予防] 1日3食をやめたらニキビも体調も良くなった

 

 

一般的な食事の習慣として、「1日3食バランス良く食べましょう」と言われていますが、実際のところ、食品業界による洗脳と言われていたりもします。

 

江戸時代とかは1日2食だったみたいですしね。

 

実際、私は1日1.5食の生活をしているのですが、朝昼晩と1日3食食べていた頃に比べて、圧倒的に体調が良くなり、ニキビができる頻度も少なくなりました。

 

今回は少食のするメリットと、役立つアイテムを紹介して行きたいと思います。

 

「ご飯作るのめんどくせ〜」

 

だとか

 

「のんびり飯食っている時間がない。。。」

 

という方にも少食はおすすめです。

 

1日1.5食にしたらニキビも減って体調も良くなった

 

実は少食を実践し始めた理由は、ニキビケアというよりは、

 

  • 食事を用意するのがめんどくさい
  • ご飯を食べている時間が勿体無い

 

といったものでした。

 

時間を捻出するためといった理由からですね。

 

始めた当初はニキビや肌に良いとは知らなかったです。

 

で、いざ少食生活を始めてみると、時間が増えるのはもちろんのこと、ニキビもあまり出来なくなり、体調、集中力も常に良い感じなったんですよね。

 

朝は食べない、昼はナッツやプロテインバーをつまむ程度、夜は普通に食べるという感じです。

 

個人的に感じたメリットは

 

朝食を食べないから朝の時間が増える

消化にエネルギーを持って行かれないから食後に眠くならない

集中力が上がって生産性が上がる

便通が良くなった

憂鬱な気分になることが圧倒的に減った

こめかみ部分に繰り返していたニキビが無くなった

無駄に皮脂が出なくなった

無駄に寝ることが無くなった

 

という感じですね。

 

正直、だいぶ味を占めているので、もう1日3食食べる生活とかには戻りたくないです。

 

今までなんであんなに食べてたの?という感じです。

 

昔ながらの習慣というのは恐ろしいですね。

 

なんとなく今まで食べていたから、その流れで食べてしまっていました。
朝食なんかはその典型例だったかなと。

 

朝食を食べないと元気が出ないとか、一体誰が考えたのか。。。

 

むしろ食べた方が午前中から眠くなりますし、朝っぱらからだるくなるんですよね。

 

最初は、朝食抜いたら昼まで持たないのでは?

 

とか思っていたんですけど、そんな心配は無用でした。

 

まぁ、最初の内は多少空腹感も無いこともなかったんですけど、20分くらい経ったらだいたい気のせいというか、偽の空腹感のパターンがほとんどです。

 

あとは、憂鬱な気分にならなくなったのは意外な副次的効果でした。

 

多分ですけど、食事の量、回数が減ることで血糖値の上昇が起こりにくくなったからかなと。

 

集中力も上がるので、やるべきことに集中出来るので、余計なストレスも減ってくれます。

 

食べる量が減れば、必然的に添加物の摂取量も減るので、血液が綺麗になり、結果的に肌も綺麗になってくるのが期待出来ます。

 

その他にも、少食はアンチエイジングや免疫力アップ、ダイエット、ガンなどの病気予防にも効果があると言われています。

 

基本的にメリットしか無いという感じですね。

 

食品業界にとっては不都合かもしれませんが。。。

 

無駄に食べなくなる→消化にエネルギーが持って行かれなくなる→代謝が上がる→痩せる、集中力上がる、免疫力上がる、肌が綺麗になる…

 

という感じで、かなり良い循環になるかなと。

 

無駄に食べるのをやめるだけで、これだけメリットがある感じです。

 

消化以外の部分に体のエネルギーを使えるようになるので、デトックスや血液の浄化作用が働きやすくなるので、もちろんニキビ予防にも効果的です。

 

まずは朝食から抜いてみるのがおすすめ

 

いくら少食が良いと言われても、いきなり本格的に実践するのは少しハードルが高いかと思います。

 

私も最初からそんなにガッツリ少食を実践していたわけでは無いです。

 

最初は朝食を抜き、徐々に昼食を0.5食にしていった感じですね。

 

1番やりやすいのは朝食を抜くことかと思います。

 

朝の時間も増えるので、時間に追われてストレスが溜まることも無くなりますしね。

 

あえて時間ギリギリに起きて朝食を食べないようにするなんてのも意外とありです(笑)。

 

想像以上に午前中の集中力が上がると思いますよ。

 

少なくとも私はだいぶ上がりました。

 

ちなみに、朝食を抜くと、自然と昼食を食べる量も減ってきます。

 

朝食を抜くと、血糖値の乱高下が起こらなくなるので、無駄に空腹感を感じなくなるらしいです。

 

朝食を抜くと逆にお腹がすく気がしますが、実は逆なんですよね。

 

実際に私も朝食をやめたら、自然と昼食を食べる量も減って行きました。

0.5食分に使えるアイテム

 

個人的に重宝している、0.5食分の置き換え食品的なものを紹介しますね。

 

「ご飯用意するのめんどくせ〜」

 

という感じの人におすすめです。

 

実際、私もめんどくさがりなので、昼の0.5食にはここで紹介している食品をよく食べています。

 

帰りが遅くなった時の夕食代わりにも使えますしね。

 

どれもタンパク質が豊富なので、健康な肌を作るのにも役立ってくれます。

 

プロテインバー

 

MusclePharm Natural, オーガニック・プロテインバー、チョコレート・トフィー、12本

 

 

 

 

 

オーガニックで胃腸に優しいプロテインバー。
乳製品が苦手だったり、胃腸に弱い人におすすめです。

これ以外にもiHerbには無数のプロテインバーがあるので、色々買ってみると面白いと思いますよ。

 

 

 

 

マイプロテインのプロテインバー

 

 

 

 

 

マイプロテインと言う海外のプロテイン、サプリメントが買えるネットショップもあります。

 

iHerbと似たような感じですね。

 

 

プロテインシャイカー、ミールリプレイスメント

 

固形物よりは、液体の方が消化に優しくなるので、より少食効果が高くなります。

 

プロテインバーだけだと物足りない時に使えますね。

 

 

MusclePharm Natural, オーガニックプロテイン, 植物性パフォーマンスサプリ, チョコレート

 

 

 

 

これもオーガニックなので胃腸弱い人におすすめです。

 

私も胃腸弱いので重宝してます。

 

 

マイプロテイン ホールフューエル

 

 

 

 

 

これはプロテインも入っていて、ビタミン類も含まれているのでコスパが良いです。

 

ちょっとドロドロしていますが、意外と病みつきになりそうな食感ですね。

 

 

まとめ

 

個人的に少食はメリットしかないので、かなりおすすめな食事メソッドだと思っています。

 

私は胃腸が弱いのですが、少食を始めてからは大分胃腸が元気になってきています。

 

胃腸が元気になれば、結果的にニキビが発生するリスクも減るので、胃腸の不調に心当たりのある人も少しずつ試してみることをおすすめします。

 

最初は朝食を抜くのがハードルが低いのでやりやすいですね。

 

時間も増えて、健康的になるので、かなりコスパが高いです。

 

8年間のニキビケア奮闘記

 

こんにちは、当サイト管理人のはっとりです。

 

8年以上ニキビに悩み、皮膚科にで処方された塗り薬でも完治させることは出来ませんでした。

 

化粧品を買い漁ってもニキビは改善せず、一時期はニキビ治療を諦めた時期もありましたが今ではなんとかニキビを克服することが出来ました。

 

「ニキビは皮膚科へ」

 

と言われたりもしますが、残念ながら皮膚科で行うような対処療法ではニキビを根本的に治療することはできません。

 

1つ1つ原因を潰して行かないと、いつまでもニキビが出来る負のスパイラルの陥ってしまいます。

 

私自身、間違った知識、スキンケアの常識に振り回され、いつまでもニキビを繰り返していました。

 

治りが悪かったこともあり、ニキビ跡も出来てしまいました。

 

ですが、諦めずに自分のニキビの原因を追求していった結果、一般的に正しいとされているスキンケアの常識には、落とし穴があることに気づきました。

 

皮膚科に行っても治らなかったニキビを克服した体験記はこちら

 

 

ニキビケアに化粧品はいらない?

「たくさん化粧品を買ったけど一向にニキビが良くならない...」

「ニキビ跡が気になりすぎてもう限界」

「一生このニキビ肌だったらどうしよう...」

 

こんなことを思ったことはありませんか?

 

ニキビやニキビ跡が出来てしまうと、ついつい化粧品ばかりに目が行ってしまいますよね。

 

実は、いつも使っているその化粧品が、あなたの肌を知らず知らずの内に痛みつけているケースがあるんです。

 

「どんなに化粧品を買い漁っても何も変わらない」という時は、「化粧品すらも使わないニキビケア」がおススメです。

 

 

おすすめの記事