肌断食を2ヶ月間実践してみた感想。化粧品は本当に必要ないのか?

 

ここ2ヶ月間くらい、肌断食を実践してみました。

 

きっかけはこちら↓の本を読んだのがきっかけですね。

 

で、実際にやってみてどうだったのかと言うと、

 

もう化粧品を使う気にはなれん。。。

 

という感触です。

 

テカリ、顔の赤み(赤ら顔)がかなり改善してくれた上に、ニキビ以前に比べてかなり出来にくくなりましたね。

 

行きつけの美容院の人にも、

 

「急に肌が白くなってきましたね!」

 

と言われたので、思っていた以上に効果大でした。

 

いつの間にか

 

化粧品、使う必要なくね?

 

という価値観になってしまいました。(もっと早くやっておけばよかった。。。)

 

正直、化粧水塗って〜、美容液塗って〜っていうのはぶっちゃけめんどくさいですしね。

 

というわけで、肌断食の実践経過を振り返って行きたいと思います。

 

「肌断食って効果あるの?」

 

と思っている方は参考にしてみてください。

 

肌断食実践経過〜初日から1ヶ月目〜

 

肌断食というと、洗顔料、化粧水、美容液、クリーム等を一切使わないというのが一般的ですが、個人的にいきなり全てを断ち切るのはちょっと怖かったので、最初の1ヶ月間は

 

朝:洗顔料なし、化粧水、美容液も塗らない

夜:洗顔料なし、化粧水、美容液だけ塗る

 

という感じで実践しました。

 

使っていた化粧水、美容液はこちらです。

 

化粧水:Cマックスローション

 

 

美容液:ビーグレンCセラム

 

 

洗顔料に関しては、結構前から使うのをやめてていい感じだったので、今回も最初から使ってないです。

 

 

 

で、正直な所、最初は結構乾燥が酷かったですね。

 

朝だけ何も塗らないっていう感じでしたけど、洗顔直後はなかなかしんどい感じでした。

 

顔がカサカサで、触るとざらっざらしていました。

 

おまけに、口周りはよく見ると軽く粉ふき的な感じになって、白くなるという。。。

 

ただ、ある程度時間が経つと(2時間くらい)、ザラザラ、白い粉ふきもほとんど治っている感じだったので、とりあえず外出はできる感じでした。

 

そうは言っても、大体2週間くらいで肌が慣れてきたのか、大分楽になってきました。

 

肌断食実践経過〜2ヶ月目以降〜

 

2ヶ月目以降は、朝、夜とも洗顔料、化粧水、美容液を使わない、普通の肌断食に入りました。

 

1ヶ月目が終わった時点で、朝の乾燥する感じは大分ましになってきてたんですけど、最初の方の夜はやっぱりなかなか乾燥しましたね。

 

ただ、2週間もすればこれも慣れました。

 

慣れると、化粧水や美容液をいちいち塗る手間がなくなるので、かなり快適です。

 

まぁ、最初の2週間〜1ヶ月間くらいが1番きついですね。

 

2ヶ月目くらいから大分肌断食の効果が出てきた気がします。

 

具体的には

 

肌のテカリがかなり減った(夕方になっても顔がテカらないくらい)

ニキビが今まで以上に出来にくくなった

赤み、赤ら顔がよくなった

 

という感じです。

 

なんとか2ヶ月間乗り切った甲斐がありました。

 

結論:洗顔料も化粧水も要らない

 

肌断食をやってみて実感したのは

 

化粧品いらなくね?。。。。

 

という事ですね。

 

今まで

 

化粧品を使わないと肌が乾燥する

 

と思っていたんですけど、本来は使わなくても大丈夫という事でした。

 

それに、化粧品を塗って潤っている肌は「しっとり」なのに対して、何も塗ってない肌は「サラサラ」なんですよね。

 

どっちが快適かと言われれば、圧倒的に後者の「サラサラ」です。

 

このサラサラ感はかなり快適ですよ(笑)。

 

一度味をしめるともう化粧品は塗る気になれないです。

 

正直、化粧品の微妙なペタペタ感はどうも好きになれないんですよね。

 

なので、やっぱりサラサラがいいです。

ただし、いきなり実践すると急激に肌が悪化する

 

肌断食は個人的になかなかの効果があったという事なんですけど、いきなり今ままで使っていた化粧品の全てを断ち切ると、挫折率がかなり高くなるかと思います。

 

最初は特にきついんで。

 

なので、実践するなら段階的にやる事をお勧めします。

 

例えば最初は夜だけ化粧品をやめるとか、週に3回だけ化粧品を使わないみたいな具合ですね。

 

徐々に徐々に慣らしていく感じがいいかと思います。

 

あくまで最終的に化粧品を卒業する感じです。

 

経済的にもお得ですし、肌もサラサラになるので、肌断食はなかなかオススメですね。

 

特に、ニキビ、テカリ、赤みに悩んでいる人にとってはなかなか強力な処方箋になるかと思います。

 

最初は乾燥が酷かったりと違和感ありまくりですけど、慣れてくるとかなり快適な肌が手に入るはずです。

 

 

 

 

 

 

8年間のニキビケア奮闘記

 

こんにちは、当サイト管理人のはっとりです。

 

8年以上ニキビに悩み、皮膚科にで処方された塗り薬でも完治させることは出来ませんでした。

 

化粧品を買い漁ってもニキビは改善せず、一時期はニキビ治療を諦めた時期もありましたが今ではなんとかニキビを克服することが出来ました。

 

「ニキビは皮膚科へ」

 

と言われたりもしますが、残念ながら皮膚科で行うような対処療法ではニキビを根本的に治療することはできません。

 

1つ1つ原因を潰して行かないと、いつまでもニキビが出来る負のスパイラルの陥ってしまいます。

 

私自身、間違った知識、スキンケアの常識に振り回され、いつまでもニキビを繰り返していました。

 

治りが悪かったこともあり、ニキビ跡も出来てしまいました。

 

ですが、諦めずに自分のニキビの原因を追求していった結果、一般的に正しいとされているスキンケアの常識には、落とし穴があることに気づきました。

 

皮膚科に行っても治らなかったニキビを克服した体験記はこちら

 

 

ニキビケアに化粧品はいらない?

「たくさん化粧品を買ったけど一向にニキビが良くならない...」

「ニキビ跡が気になりすぎてもう限界」

「一生このニキビ肌だったらどうしよう...」

 

こんなことを思ったことはありませんか?

 

ニキビやニキビ跡が出来てしまうと、ついつい化粧品ばかりに目が行ってしまいますよね。

 

実は、いつも使っているその化粧品が、あなたの肌を知らず知らずの内に痛みつけているケースがあるんです。

 

「どんなに化粧品を買い漁っても何も変わらない」という時は、「化粧品すらも使わないニキビケア」がおススメです。

 

 

おすすめの記事