ビーグレン クレイローションと相性の良いマッドヒッピー(Mad Hippie)のビタミンCセラムをレビュー

 

 

ニキビケア化粧品の中で圧倒的な即効性を誇るビーグレンのニキビケアセット。

 

その中に美容液として含まれている「Cセラム」ですが、「昼間に使う時は日焼け止めなどを塗る必要がある」というの注意点があります。

 

 

口コミなどでは、昼間に付けたら肌が赤くなったという声もあるので、ちょっと注意が必要です。

 

ただ私の場合は最初のうちは知らずに昼間にも使っていましたが、目立った問題はなかったですね。

 

で、昼間にCセラムが使えないので、代わりの美容液となるものとなるものを探していました。

 

ビーグレンを使ったのを機にビタミンC系の化粧品が即効性が高いことが分かったので、代わり使うものもビタミンC系のものがいいな〜と思いつつ、いつもサプリや青汁で大分ヘビーユースしている個人輸入サイト「iHerb」で探してみたところ、良さげなものを見つけました。

 

それがこちらの「マッドヒッピー ビタミンCセラム」↓

 

 

 

 

Cセラムと同じくビタミンC系の美容液です。

 

ビーグレンのクレイローションと合わせて使うと、良い感じの保湿力を発揮してくれます。

 

それでは今回はこちらのレビューを書いていこうと思います。

 

 

アメリカで評判の良い「マッドヒッピー(Mad Hippie)」

 

マッドヒッピーって何ぞや?、そのブランド大丈夫なの?と思う人もいるかもしれないので一応このブランドについて軽く触れておきます。

 

マッドヒッピーはアメリカのオーガニックスキンケアメーカーです。
ちなみにサプリメントやオーガニック製品は日本よりアメリカの方が先を行っています。

 

アメリカの雑誌に取り上げられたり、いろんな賞を受賞したりとしっかりと実績のあるブランドですね。

 

その証拠に、iHerbのレビューもかなり評判が良いです。

 

 

マッドヒッピー ビタミンCセラムの成分

 

で、肝心なのは中身ですね。

 

大まかな特徴をまとめると、

 

fa-check-squareアスコルビルリン酸ナトリウムという水溶性ビタミンC誘導体配合

fa-check-squareビタミンC、Eの掛け合わせで美白効果

fa-check-squareフェルラ酸でシミを予防

 

という感じです。

 

ビタミンCは不安定な成分なので、ビタミンC誘導体にすることで肌に浸透しやすくなるようにしっかり対策されています。

 

アスコルビルリン酸ナトリウムというのは、浸透性に優れてビタミンCと同様の効果がある成分です。
美白効果やコラーゲンの活性化、皮脂の抑制などの効果があります。

 

ビタミンCは細胞を酸化から守った後に無力化したビタミンEを活性化させる作用があります。
両方とも抗酸化作用のあるビタミンなので、2種類を同時に含めることで、アンチエイジング効果がより高めることができるんです。

 

フェルラ酸というのはポリフェノールの一種で、酸化防止、紫外線を吸収してくれる効果があります。
メラニンに生成を抑える働きがあるので、簡単にいうとシミの予防があるといった感んじです。

 

 

中身をチェック

 

 

容器はプラスチックではなく、瓶ですね。

 

スポイトで吸い取って使う感じです。

 

 

 

とろみのあるテクスチャーで、伸びも結構良い感じです。

 

ビーグレン Cセラムと同じような塗り心地です。

 

匂いは柑橘系?的な香りといったことろです。
普通に良い匂いだと思います。

 

こってりとした重たい美容液ではなく、割とさらっとしています。
べたつきもないので、使い心地も良い感じです。

 

昼間はこれを塗っておけば問題なく保湿できますね。

 

マッドヒッピー ビタミンCセラムの注意点

 

このマッドヒッピーは一つだけ気をつけたいところがあります。

 

それは、

 

「化粧水を塗らないと肌が突っ張る」

 

というところですね。

 

一時期、化粧水を塗らずにこのビタミンCセラムだけを塗っていた時があったのですが、塗った後にどうも肌が引っ張られる感じがしていました。

 

ビタミンC系の美容液ではたまにある現象みたいです。

 

この美容液は肌に合わないのでは?と最初は思いましたが、化粧水を塗ってから塗れば全く問題なく使えました。

 

下手にズボラ的に使ってはならんということですね。

 

 

使ってからの変化は?

 

このマッドヒッピーに関しては、朝にビーグレンCセラムの代わりとして使っているので、ぶっちゃけそんなに変化は感じてないですね。

 

iHerbのレビューでは、「これを使うと次の日にはニキビの赤みが引いている」とかあったので、割と期待度は高かったのですがそこまでの即効性は私には感じられませんでした。

 

一時期、ビーグレンを使わずに、マッドヒッピーをメインで使っていた時もありましたが、それでもあまり変わり映えしなかったです。

 

即効性に関しては、ビーグレンに軍配が上がります。

 

ただ、朝に使う分にはコスパ、保湿力共にこれで十分だと思います。

 

ビーグレンを使っていて、昼間に使えないCセラムの代わりになる美容液を探している人にはおすすめな一品だと言えます。

 

 

まとめ

 

今回紹介したマッドヒッピー ビタミンCセラムに関してまとめると、

 

「ビーグレン クレイローションと相性の良い高保湿かつベタつかない、コスパの高いビタミンC美容液」

 

という感じになります。

 

ただ、ニキビ肌改善のためには、ビーグレンをメインで使った方が即効性が高いですね。

 

こちらはあくまで朝用という感じです。

 

 

 

8年間のニキビケア奮闘記

 

こんにちは、当サイト管理人のはっとりです。

 

8年以上ニキビに悩み、皮膚科にで処方された塗り薬でも完治させることは出来ませんでした。

 

化粧品を買い漁ってもニキビは改善せず、一時期はニキビ治療を諦めた時期もありましたが今ではなんとかニキビを克服することが出来ました。

 

「ニキビは皮膚科へ」

 

と言われたりもしますが、残念ながら皮膚科で行うような対処療法ではニキビを根本的に治療することはできません。

 

1つ1つ原因を潰して行かないと、いつまでもニキビが出来る負のスパイラルの陥ってしまいます。

 

私自身、間違った知識、スキンケアの常識に振り回され、いつまでもニキビを繰り返していました。

 

治りが悪かったこともあり、ニキビ跡も出来てしまいました。

 

ですが、諦めずに自分のニキビの原因を追求していった結果、一般的に正しいとされているスキンケアの常識には、落とし穴があることに気づきました。

 

皮膚科に行っても治らなかったニキビを克服した体験記はこちら

 

 

ニキビケアに化粧品はいらない?

「たくさん化粧品を買ったけど一向にニキビが良くならない...」

「ニキビ跡が気になりすぎてもう限界」

「一生このニキビ肌だったらどうしよう...」

 

こんなことを思ったことはありませんか?

 

ニキビやニキビ跡が出来てしまうと、ついつい化粧品ばかりに目が行ってしまいますよね。

 

実は、いつも使っているその化粧品が、あなたの肌を知らず知らずの内に痛みつけているケースがあるんです。

 

「どんなに化粧品を買い漁っても何も変わらない」という時は、「化粧品すらも使わないニキビケア」がおススメです。

 

 

おすすめの記事