「このくらいのニキビならそのうち良くなるだろう」その甘い考えが悲劇の始まりだった

 

 

中途半端に出来ては治りを繰り返すニキビ…

 

「そこまで重症ではないからそのうち良くなるだろう…」

 

と、以前の私はそんな甘い考えを持っていました。

 

ですが、そんな甘い考えがのちに仇(あだ)となって返ってくる結果に…

 

今回はそんな失敗体験を書いて行きます。

 

 

安さ重視で化粧品を選び、いつまでもニキビが繰り返す毎日

 

数年前までの私は、基本的に安さ・コスパ重視で化粧品を選んでいました。

 

化粧品にお金をかけることに、なぜか異様なメンタルブロックがあったんです。

 

そんな中、特に長く使っていたのは「DHC アクネケアセット」↓

 

                                                                                    (余ってしまったDHCニキビケアセット)

 

 

なんだかんだで3年程使っていました。

 

特別使用感が良かった訳ではなく、

 

「う〜ん、他の化粧品はやたら高いし、あれこれ試すのも面倒だからとりあえずこれでいっか…  まぁ、悪くは無い感じだし…」

 

といった惰性感でだらだらと使っていた感じです。

 

しかし、3年間使うも相変わらずニキビは繰り返すままでした。

 

「気がついたら3年も使ってるけど、全然ニキビ良くならないな…」

 

さすがの私も危機感を感じ、次の一手を模索しだしました。(もっと早くやれよと過去の自分には言いたいところです。)

 

重症ニキビで悩んでいる人が書いているブログなども参考にし、ニキビ予防が期待できるサプリメント、男性向けオールインワンゲル、海外製の美容液、、、、などなど色々と手を出しました。

 

しかし、どれもこれといった変化は得られず、私のニキビケアはもれなく停滞期に突入しました。

 

「あぁぁぁぁーーーーーー、何やっても全然ニキビに効かないぞ!!」

 

と悶々とした日々を送ることに。

 

最終的に、色々と取っ替え引っ替えする中で購入した海外製の美容液を渋々使っていました。

 

「まぁ、このくらいのニキビならその内良くなるだろう」

 

と軽く受け止めることにしていましたが、日に日にニキビの状態がなぜか悪くなって行きました。

 

そして気づいたら口の周りに真っ赤なニキビが続々と出現(泣)…

 

 

行きつけの美容院でニキビを怪我の痕と勘違いされる

 

為す術もなく、口周りのニキビは赤みをどんどん増して行きました。

 

「うわぁ、ちょっとこれだと外出るのも億劫だな…」

 

と自分でも思うくらいになってしまいましたが、ちょうど髪が伸びていたので重い腰を上げて美容院に行くことに。

 

そこでの会話はこんな感じです↓

 

担当の美容師さん
その顎のところどうかしたの?

 

 

Hattori
あぁ…ちょっとニキビがなかなか治らなくて…

 

 

担当の美容師さん
それニキビか〜、なんか事故にでも遭ったのかと思ったよ。

 

Hattori
一応事故では無いですね(苦笑)。

 

 

担当の美容師さん
まぁ、ある意味事故だよね。

 

Hattori
んまぁ、確かに事故ですね…(やっぱり言われたか…)

 

 

 

 

このままではまずいと思い、化粧品をさらに改めることに

 

美容院でニキビを事故の痕と勘違いされたのをきっかけに、自分のニキビの酷さを再認識することに。

 

それと同時に、

 

「このままじゃ顔中ニキビまみれになるかもしれない…」

 

という恐怖心さえも抱くようになりました。

 

そして、美容院から帰ったその日の内に新しく見つけた化粧品を注文しました。

 

 

化粧品を見直した結果、今までのニキビが嘘のように回復

 

ニキビがこれ以上増殖するのに恐怖した私は、

 

「ちゃんと化粧品にもお金を投資しよう」

 

と今までの価値観を改めることにしました。

 

今思うと、なんでもっと早く気づかなかったんだという感じですが、人間愚かなものでがっつり痛い目に合わないとなかなか変わらないものですね。

 

そして、化粧品を改めた結果、無事にニキビは回復していきました。

 

一時はどうなるのかとかなり心配しましたが、新しいニキビケア化粧品がしっかりと効いてくれたのでホッと一安心です。

 

で、肝心の化粧品はこちら

 

 

 

8年間のニキビケア奮闘記

 

こんにちは、当サイト管理人のはっとりです。

 

8年以上ニキビに悩み、皮膚科にで処方された塗り薬でも完治させることは出来ませんでした。

 

化粧品を買い漁ってもニキビは改善せず、一時期はニキビ治療を諦めた時期もありましたが今ではなんとかニキビを克服することが出来ました。

 

「ニキビは皮膚科へ」

 

と言われたりもしますが、残念ながら皮膚科で行うような対処療法ではニキビを根本的に治療することはできません。

 

1つ1つ原因を潰して行かないと、いつまでもニキビが出来る負のスパイラルの陥ってしまいます。

 

私自身、間違った知識、スキンケアの常識に振り回され、いつまでもニキビを繰り返していました。

 

治りが悪かったこともあり、ニキビ跡も出来てしまいました。

 

ですが、諦めずに自分のニキビの原因を追求していった結果、一般的に正しいとされているスキンケアの常識には、落とし穴があることに気づきました。

 

皮膚科に行っても治らなかったニキビを克服した体験記はこちら

 

 

ニキビケアに化粧品はいらない?

「たくさん化粧品を買ったけど一向にニキビが良くならない...」

「ニキビ跡が気になりすぎてもう限界」

「一生このニキビ肌だったらどうしよう...」

 

こんなことを思ったことはありませんか?

 

ニキビやニキビ跡が出来てしまうと、ついつい化粧品ばかりに目が行ってしまいますよね。

 

実は、いつも使っているその化粧品が、あなたの肌を知らず知らずの内に痛みつけているケースがあるんです。

 

「どんなに化粧品を買い漁っても何も変わらない」という時は、「化粧品すらも使わないニキビケア」がおススメです。

 

 

おすすめの記事