アクレケアはニキビ跡に効果があるのか? 実際に使ってみた感想と検証画像

 

 

アクレケアを使ってみたので、実際にレビューしていきます。

 

このアクレケアは凸凹ニキビ跡向けの美容液として有名ですね。

 

結論から言ってしまうと、

 

1ヶ月ほど使い続けた時点で顎周りにあった赤みのあるニキビ跡が薄くなっているのが分かりました。

 

最初の1,2週間は、「まぁ、使用感的には悪くないかな」くらいで、いまいち変化が無かったのですが、1ヶ月たった時点で改めて鏡をチェックしていると、明らかに赤みのあるニキビ跡が目立たなくなっているのに気づきました。

 

食生活だとか、睡眠時間、生活リズムはその間全く変えてないので、赤いニキビ跡が薄くなったのはアクレケアの効果の可能性がかなり高いですね。

 

それでは早速中身をチェックしていきたいと思います。

 

 

アクレケアを実際に買ってみた

 

正直、アクレケアはちょっと胡散臭いなぁ〜と思っていました。

 

何せ、やたらと良い口コミ、評判が多かったので、「これ、なんか意図的にやってないか?」と疑問に思わざるを得ない感じでした。

 

まぁ、その辺は実際に試してみないと分からない部分なので、半信半疑のまま購入。(化粧品を買うときはいつも半信半疑な気がします笑)

 

 

 

 

 

 

アクレケアの特徴
値段:4500円(税込み、1ヶ月分)
・凸凹ニキビ跡向けの美容液
・美容成分  
 月下草エキス・・・肌表面の滑らかさをサポート  
 甘草(グリチルリチン酸2k)・・・漢方にも使用されるニキビの炎症を抑える成分  
 卵殻膜・・・肌のターンオーバーをサポート  
 ヒアルロン酸・・・肌に潤いを与えて保湿をサポート  
 カムカムエキス・・・肌の透明感をサポート  
 茶エキス・・・弾力、ハリ、美白をサポート  
 カモミラエキス・・・肌を整える、美白作用

 

(画像をクリックすると公式サイトに移動します)

 

2018年4月3日に注文→4月6日にゆうパケットで届きました。

 

 

化粧品とは分からないようになっています。
地味なパッケージですが、これなら恥ずかしさが皆無ですね。

 

中を開けてみると。。。

 

 

 

パンフレットが出現し、

 

 

 

中にアクレケアがポツンと入っていました。

 

中に入っていたパンフレットはこんな具合です。

 

 

手書き感のあるメッセージも入っていました。
好感度アップしちゃいますね。

 

 

トライアルカレンダーも付属していました。

 

 

肌の知識が書いてあるパンフレット↓

 

 

 

肌の知識が分かりやすく書いてあります。
丁寧に作り込まれたパンフレットですね。

 

アクレケアユーザーの声も載っています。
こういうのを見ると勝手に安心しちゃいますね。

 

 

 

アクレケアの中身をチェック

 

 

改めて見ると、オシャレなデザインだなーという感じです。

 

アクレケアの中身を見てみると、

 

 

無色透明でちょっと分かりにくいですね。

 

 

微妙にトロッとしたテクスチャーです。

 

ただ、ほとんどベタベタするような感じはしないですね。

 

これと言った香りはないですが、少し甘みのある香りがします。
ほとんど気にならないレベルですけどね。

 

このアクレケアの前に使っていた、ビーグレンのCセラムという美容液よりは、かなりサラサラとした粘度です。

 

ビーグレン Cセラムは結構濃度が濃い感じがしますが、こっちのアクレケアはより水に近い感触ですね。

 

これで保湿出来るのか?と最初は思いましたが、肌に塗ると普通にモチっとした感触です。

こんな水っぽい美容液でも保湿が出来るのかと、結構感心しました。

塗った後は肌がサラサラ〜とした感じになりますね。
美容液と言うと、どうしても濃度が濃くて、ベタつきが気になることもあるのですが、これならベタつきが気になっている人でも問題なく使えると思います。

 

サラサラ度で言ったら、これまで使った美容液の中で1番と言ってもいい気がします。

 

私自身、あまり肌は強くなく、どちらかと言うと敏感肌に近い上に乾燥しがちですが、アクレケアに関しては特に刺激感、ヒリヒリも感じることはありませんでした。
敏感肌の方でも安心して肌に塗れるかと思います。

 

アクレケアの使い方はシンプル

 

 

アクレケアの使い方は非常にシンプルです。

 

化粧水の後に塗るだけ

 

まぁ、美容液なので塗るだけなのは当然ですね(笑)。

 

5,6滴手に取って手でなじませてから一気に塗るか、2,3滴手に取って何回かに分けて肌に塗っていく感じです。

 

気になる部分に塗るとパンフレットには書いてありますが、私は普通に顔全体に塗っていました。
それでもちょうど1ヶ月持ったので、気になる部分以外の場所にも気にせず使って大丈夫かと思います。

 

基本的なスキンケアと言われている

 

洗顔→化粧水→美容液→必要に応じて乳液・クリーム

 

この流れの美容液をアクレケアにするだけです。

 

よっぽど皮脂の量が少なくて乾燥肌な場合以外は、乳液だとかクリームは基本的に必要ないです。
特に朝は美容液まで塗れば十分だなと個人的には感じています。

1ヶ月使ってみた結果・・・

 

1ヶ月使ってみた感想ですが、冒頭で言った通り

 

赤みのあるニキビ跡が多少薄くなりました。

 

はい、これが1番大きな効果だったなと思います。

 

このアクレケアは凸凹肌用美容液となっていますが、美白作用のある成分も含まれているので、
それが効いてくれたのだと思います。

 

ちなみに、アクレケアを使う前の画像はこちら↓

 

 

アクレケア使用1ヶ月後↓

 

 

赤みが全くなくなった訳ではないですが、それでも結構進展した感じがしますね。

 

これは使い続ければかなりニキビ跡が薄くなるのでは?と期待が持てる感触です。

最初の1,2週間は、ちょっと微妙かな〜という感じでしたが、1ヶ月使ってみると結構肌が変化しているのが実感できています。

 

ちなみに、使用頻度としてはこんな感じです。

 

朝:髭剃り&水で洗顔(洗顔料は不使用)→化粧水(ビーグレン クレイローション)→アクレケアを顔全体に塗る

夜:洗顔料を使って洗顔(ビーグレン クレイウォッシュ)→化粧水(ビーグレン クレイローション)→アクレケアを顔全体に塗る→ビーグレン モイスチャーゲルクリームを乾燥気味の所に塗る

 

美容液以外はビーグレンを使っていましたが、もともと使っていただけなので、これと言った理由はないです。(肌に合うから使っていたという感じですね。)

 

使っていくうちに、肌はかなりもっちりとした感じに。

 

もともとゴワゴワしがちだった部分も、かなりサラサラになったかなと。

 

美容液としてはかなりサラサラとした使い心地なので、日中に塗っても全然気にならないです。
個人的にベタつくのはかなり嫌いなのですが、このアクレケアに関しては特に嫌なベタベタ感はありませんでした。

ニキビ改善にも効果あり?

 

アクレケアを使っている間は、新しいニキビはあまり出来なかったのですが、
ニキビが出来てからの治りも普通に早いなという印象でした。

 

アクレケアに含まれている、甘草エキス(グリチルリチン酸2K)には抗炎症作用があるので、
ニキビ予防に働いてくれたのだと思います。

 

ニキビ跡向けの化粧品と、ニキビ向けの化粧品はよく分けられていますが、
これならニキビを予防しつつ、ニキビ跡のケアも出来ますね。

 

凸凹クレーターを目立たなくさせるには時間がかかる?

 

凸凹のクレーターを目立たなくさせるには、なかなかの長期戦になってしまうかと思います。

 

私はこめかみの部分が少し凸凹しているのですが、1ヶ月だけの使用だと、そこまで大きな変化はないかなーという感じです。

 

よく見てみると、変わってなくもないかな?
ぐらいですね。

 

クレータータイプのニキビ跡は、化粧品を使ったセルフケアだけで完治するのは難しいと言われています。

 

肌が自力で修復出来ない、真皮と呼ばれている部分にまでダメージが行ってしまっているからです。

 

なので、完全にクレーターを消し去るためには、病院や美容クリニックなどで治療を受ける必要があります。

 

ただ、いきなり病院やクリニックに行くのはかなり抵抗があるかと思いますし、
費用もかなり高額かつ、ある程度の期間が必要になります。

 

30万円程度からで、半年は通う必要があると言われていますね。

 

それで治ればいいのですが、必ずしも治るという保証はないです。

 

それに比べると、このアクレケアを使って自分でできるところまでケアした方が良いじゃないかなと思います。

リプロスキンとの併用は出来る?

 

アクレケアは美容液なので、ニキビ跡向けの化粧水として有名なリプロスキンとも併用が出来ます。(リプロスキンの詳細はコチラ

 

使う流れとしては、

 

リプロスキン→アクレケア

 

になりますね。

 

実はアクレケアを使い出した最初の1週間は、化粧水にリプロスキンを使っていたのですが、残念ながら私の肌には合わず、ニキビが急に増えてしまったので化粧水はすぐにビーグレンに戻しました。

 

リプロスキンをやめてからはすぐにニキビが引いて行ったので、かなり自分の肌とは相性が悪かったのだと思います。

 

欲張りにニキビ跡をケアして行きたい人は、いきなりリプロスキンと併用してみるのも全然ありですね。
私は肌に合わなかったのですが、だからと言ってこれを読んでいる方全員に合わないというわけではないと思うので。

 

ただ、リプロスキンに関しては口コミでも、合う人、合わない人でかなり分かれている感じがするので、アクレケアと併用する場合はちょっと様子を見ながら使った方が良さそうです。

 

アクレケアがおすすめな人

 

最後に、アクレケアがおすすめな人をまとめると

 

クレーター、赤みのあるニキビ跡を目立たなくさせたい人

手軽にニキビ跡のケアをしたい人

ベタつかず、保湿もしっかりできる美容液を求めている

低刺激で肌に優しいものを求めている

ぷるぷる、サラサラの肌にしてきたい人

 

という感じになります。

 

即効性が期待できるものではありませんが、継続して使うことで肌が日に日に蘇ってくるものかと思います。

 

今使っている化粧品の美容液を、このアクレケアに変えるだけで簡単にケアできるのが魅力的です。

 

ニキビ跡を諦めてしまうのは勿体無いですからね。

 

年齢を重ねるごとに肌のターンオーバーの周期は遅くなってきてしまうので1番若い今のうちからケアしていくことでより早くニキビ跡を目立たなくさせることができるはずです。

 

アクレケアはこちらから購入できます。
↓↓↓


(画像をクリックすると公式サイトに移動します)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8年間のニキビケア奮闘記

 

こんにちは、当サイト管理人のはっとりです。

 

8年以上ニキビに悩み、皮膚科にで処方された塗り薬でも完治させることは出来ませんでした。

 

化粧品を買い漁ってもニキビは改善せず、一時期はニキビ治療を諦めた時期もありましたが今ではなんとかニキビを克服することが出来ました。

 

「ニキビは皮膚科へ」

 

と言われたりもしますが、残念ながら皮膚科で行うような対処療法ではニキビを根本的に治療することはできません。

 

1つ1つ原因を潰して行かないと、いつまでもニキビが出来る負のスパイラルの陥ってしまいます。

 

私自身、間違った知識、スキンケアの常識に振り回され、いつまでもニキビを繰り返していました。

 

治りが悪かったこともあり、ニキビ跡も出来てしまいました。

 

ですが、諦めずに自分のニキビの原因を追求していった結果、一般的に正しいとされているスキンケアの常識には、落とし穴があることに気づきました。

 

皮膚科に行っても治らなかったニキビを克服した体験記はこちら

 

 

ニキビケアに化粧品はいらない?

「たくさん化粧品を買ったけど一向にニキビが良くならない...」

「ニキビ跡が気になりすぎてもう限界」

「一生このニキビ肌だったらどうしよう...」

 

こんなことを思ったことはありませんか?

 

ニキビやニキビ跡が出来てしまうと、ついつい化粧品ばかりに目が行ってしまいますよね。

 

実は、いつも使っているその化粧品が、あなたの肌を知らず知らずの内に痛みつけているケースがあるんです。

 

「どんなに化粧品を買い漁っても何も変わらない」という時は、「化粧品すらも使わないニキビケア」がおススメです。

 

 

おすすめの記事