ビーグレン ニキビ跡ケアは赤みや色素沈着に効果あり? 1ヶ月間試してみた結果…

 

 

ビーグレン ニキビ跡ケアセットを1ヶ月間使ってみたので、レビューを書いて行きたいと思います。

 

1ヶ月間使ってみた結果ですが、

 

ニキビ跡の赤みが多少薄くなりました。

 

さすがに1ヶ月でニキビ跡が完治したわけではありませんが、着実にニキビ跡が改善に向かってきている感じがしました。

 

 

ビーグレン ニキビ跡ケアを実際に購入してみた

 

実際のビーグレン ニキビ跡ケアを購入した様子を書いて行きますね。

 

まずは1800円のトライアルセットを公式サイトで購入しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

注文して数日後に発送連絡のメールが届きます。

 

 

 

そして数日後に「ニキビ跡ケア トライアルセット」が到着しました。

 

 

パッケージはこんな感じです。

 

 

 

製品の使い方が書かれている冊子も入っていました。

 

 

 

 

 

 

中身と使用感をチェック

 

ビーグレン ニキビ跡ケアセットの中身は

 

  • 洗顔料:クレイウォッシュ
  • 化粧水:QuSomeローション
  • 美容液:Cセラム
  • クリーム:QuSomeモイスチャーリッチクリーム

 

の4点セットになっています。

 

 

洗顔料:クレイウォッシュ

 

 

ビーグレンの洗顔料「クレイウォッシュ」は、泡だてないタイプの洗顔料です。

 

手にとって、ヌルヌルと顔の上で転がす感じで使います。

 

手触りはなかなか気持ちいいです。

 

 

 

 

ただ、今回の検証ではこの「クレイウォッシュ」は使ってないです。

 

なんでかと言うと、洗顔料を使わない方が肌の乾燥が和らぐことが最近の試行錯誤で分かってしまったからです。

 

詳しくはこちらの記事に書いてあるのですが、洗顔料なしで水だけで洗った方が明らかにテカリが和らいで肌の調子が良いんですよね。

 

化粧水:QuSomeローション

 

 

 

QuSomeローションはさらっとしたテクスチャーの化粧水ですね。

 

ベタベタしないので、なかなか使いやすい化粧水です。

 

 

 

水に近いような化粧水ですが、塗ると肌がモチっとしてきます。

 

特別な匂いは特にないですね。
無臭といった感じです。

 

今まで使った化粧水の中ではかなりお気に入りの部類だと思います。

 

ちなみに後から買い足した本品はこんな感じです。

 

美容液:Cセラム

 

 

美容液のCセラムには濃厚なピュアビタミンCが含まれています。

 

かなりトロッとしたテクスチャーです。

 

 

肌に塗ると、ホワ〜と暖か味が感じられます。

 

じんわりと肌に浸透している感覚ですね。

 

ちなみに美容液のCセラムは、昼間に使う場合は日焼け止めを塗る必要があります。

 

日光に当たると赤くなってしまうとのことです。

 

ただ、夜だけの使用でも十分かなと思ったりもします。

 

今回の検証でも夜だけ使っているので。

 

Cセラムはちょっとベタッとする感じがしますが、夜だけの使用ならそんなに気にならないかなと。

 

クリーム:QuSomeモイスチャーリッチクリーム

 

 

 

このクリームはなかなかのコッテリ系クリームです。

 

 

個人的にあまりベタベタするようなクリームは嫌いなのですが、このクリームはコッテリながらそんなに不快感のないクリームだと思います。

 

結構伸びが良いので、触り心地がなかなか良いです。

1ヶ月間使ってみた結果

 

1ヶ月間使ってみたbefore→afterを書いて行きますね。

 

ちなみに、朝だけ肌断食を実践していたので、ビーグレンを使ったのは基本的に夜だけになります。

 

具体的にどんな感じかと言うと

 

朝:水だけで洗顔→何も塗らない

夜:水だけで洗顔→ビーグレンの化粧水、美容液、クリームを塗る

 

といった具合です。

 

 

 

まずは使用3日目の様子


 

 

使用15日目

 

 

使用30日目

 

 

 

3日目と30日目を比べてみるとこんな感じです。

 

 

 

30日目あたりでちょっと胃腸の調子を崩したせいかニキビが出来てしまっていますが、ニキビ跡自体は多少薄くなってきているかなと。

 

肌チェッカーも一応使ってみました。

 

使い出した当初の水分量、油分量がこちら(左側が水分量、右側が油分量です。)

 

 

ビーグレン ニキビ跡ケアセットを使い出して、調子が良いときの数値


 

 

日によって数値のばらつきはありますが、肌の水分量が増えてきて、油分量が減っているので、なかなか良い感じで推移しています。
肌の弾力もスマイルマークになっています。

 

30日分の過程はコチラにまとめました

 

 

お世辞にも完治したとは言えないですが、一応進展はしているといった感じですかね。

 

あえて1番ニキビ跡がひどいフェイスラインの部分に絞って撮影してみました。

 

こめかみ部分などにもニキビ跡があったりするのですが、その部分も割と赤みや色素沈着が薄くなってきています。

 

その他には、なんとなく肌がサラサラとしてきた感じがします。
これは化粧水の影響がかなりあるかな〜と思っています。

 

今まではどうも肌がザラザラした感じだったんですが、1ヶ月間使ってみて結構肌質が変わってきたような気がします。

 

ニキビや毛穴にも効果はある?

 

ビーグレン ニキビ跡ケアセットは「ニキビ跡向け」となっていますが、成分的にはニキビ予防も期待出来ます。

 

ビーグレンに含まれるピュアビタミンCがなかなか効いている感じがしますね。

 

ニキビがちょっとあるくらいで、ニキビ跡の方が多いという状態なら、「ニキビ跡ケアセット」を使った方が良いかなと思います。

 

逆に、ニキビ跡よりニキビの方が多いという状態なら、「ニキビケアセット」を最初に使った方が良いですね。

 

私自身、ニキビが頻繁に繰り返していた時は、ニキビケアセットを使っていました。

 

ニキビケアセットの体験レビューが気になる方は下記のリンクからどうぞ

 

ニキビの方が気になっている状態でしたら、ニキビケアセットを使ってある程度ニキビが落ち着いてからニキビ跡ケアセットを使った方がスムーズにケア出来るかなと。

 

ここ数ヶ月はビーグレンの化粧水を使ってきているのですが、肌質が整ってきているせいか、ニキビが多少できたとしても、割とすぐにニキビが治るようになりました。

 

今まではニキビが出来るとなかなか引かなかったので、めちゃくちゃストレスだったのですが、やっぱり治りが早いと安心感が違いますね。

 

鏡とにらめっこせずに済みます(笑)。

 

毛穴についてですが、これに関しては正直あまり分からない。。。という感じです。

 

ただ、よくよくみてみると鼻の毛穴が微妙に目立たなくなっている気がします。

 

ただ、劇的な変化があったという訳ではないです。

 

ビーグレンには「毛穴ケア」というシリーズもありますが、ニキビ跡が気になっているなら、「ニキビ跡ケア」を優先的に使った方が良いかなと。

 

実際、ニキビ跡ケアと毛穴ケアセットの内容は、クリームがちょっと違うだけなので、どちらを選んでもそこまで大差はないかなと。

 

なので、ニキビ跡と毛穴の両方がが気になっているなら「ニキビ跡ケア」を選べば良いと思いますよ。

迷っているならまずはトライアルセットから

 

1ヶ月間の検証結果をサクッと書いてきましたが、1番気になるのが

 

「自分が使った時に効果があるのか?」

 

ですよね。

 

どんなに口コミや評判が良くても、最終的に気になるのはここだと思います。

 

こればかりは

 

「実際に試してみないと分からない」

 

としか言いようがないかなと。

 

正直、口コミとかはあまりアテにならないないんですよね。

 

無料サンプルをもらった人とかだと悪いことは書けないですし、化粧品はどうしても人によって合う合わないがあります。

 

まぁ、食べ物の好き嫌いと同じようなものかなと。

 

なので、結局のところ

 

「使ってみないことには何も始まらない」

 

という感じになります。

 

個人的に、トライアルセットを用意している化粧品はなかなか良いものが多い印象があります。

 

今回紹介しているビーグレンも、トライアルセットを用意しているかつ返金保証も設けているので、かなり自身のある製品なんじゃないかなと思います。

 

定期コースと割高な単品購入しか用意してないメーカーとは一味違う感じがしますね。

 

もし現在進行形で、ニキビ跡に悩んでいるなら、闇雲にいろんな化粧品を試すよりは、ビーグレンのような「トライアルセット」や「返金保証」がついている製品から試してみることをお勧めします。

 

肌に合うか分からない化粧品を、いきなり定期購入したりするのはやっぱりリスクが大きいですからね。

 

 

 

 

8年間のニキビケア奮闘記

 

こんにちは、当サイト管理人のはっとりです。

 

8年以上ニキビに悩み、皮膚科にで処方された塗り薬でも完治させることは出来ませんでした。

 

化粧品を買い漁ってもニキビは改善せず、一時期はニキビ治療を諦めた時期もありましたが今ではなんとかニキビを克服することが出来ました。

 

「ニキビは皮膚科へ」

 

と言われたりもしますが、残念ながら皮膚科で行うような対処療法ではニキビを根本的に治療することはできません。

 

1つ1つ原因を潰して行かないと、いつまでもニキビが出来る負のスパイラルの陥ってしまいます。

 

私自身、間違った知識、スキンケアの常識に振り回され、いつまでもニキビを繰り返していました。

 

治りが悪かったこともあり、ニキビ跡も出来てしまいました。

 

ですが、諦めずに自分のニキビの原因を追求していった結果、一般的に正しいとされているスキンケアの常識には、落とし穴があることに気づきました。

 

皮膚科に行っても治らなかったニキビを克服した体験記はこちら

 

 

ニキビケアに化粧品はいらない?

「たくさん化粧品を買ったけど一向にニキビが良くならない...」

「ニキビ跡が気になりすぎてもう限界」

「一生このニキビ肌だったらどうしよう...」

 

こんなことを思ったことはありませんか?

 

ニキビやニキビ跡が出来てしまうと、ついつい化粧品ばかりに目が行ってしまいますよね。

 

実は、いつも使っているその化粧品が、あなたの肌を知らず知らずの内に痛みつけているケースがあるんです。

 

「どんなに化粧品を買い漁っても何も変わらない」という時は、「化粧品すらも使わないニキビケア」がおススメです。

 

 

おすすめの記事