[脱遅延型フードアレルギー] 腸を強化するのに役立つサプリメント3選

 

 

ニキビの発症原因として、遅延型フードアレルギーというのがあります。

 

この遅延型フードアレルギーというのは簡単に言うと、その名の通り、食べてから数時間〜数日後に症状が出るアレルギーのことです。
ただ、そこまで顕著な症状が出なかったりするので、この遅延型アレルギーを引き起こしている食べ物を特定するのはなかなか難しいとされています。

 

アレルギー検査キットなども販売されていて、ある程度原因となっている食べ物を推測することもできますが、それだとどうしても対処療法的になってしまいます。

 

そこでどうするのかと言うと、腸を強化することでアレルギーの予防を図っていきます。
これは、アトピーが発症してしまう人の改善方法を参考にしたものです。

 

添加物が多い食事などにより、腸内細菌のバランスが崩れたり、腸壁が脆くなってしまうことで、消化できていないものがそのまま体内に吸収されてしまいアレルギー反応が起こると言われています。

 

なので、弱ってしまった腸壁、バランスの崩れた腸内細菌を整えていくことで、そのまま吸収されるとアレルギーを引き起こしてしまう食べ物の吸収を抑えていきます。

 

使っていくアイテムはサプリメントがメインです。

 

今回は腸の強化に役立つサプリメントを紹介していきます。

 

遅延型アレルギーは知らず知らずのうちに発症していたり、ある日突然反応が出ることがあります。

 

特に、好物があって同じ食べ物を毎日のように口に入れる習慣のある人ほど発症しやすいと言われているので、心当たりのある人は参考にしてみてください。

 

1.Lグルタミン

 

 

 

Lーグルタミンは小腸の細胞に必要な栄養となっています。

 

腸壁を作るための材料的なものです。

 

1日5g程度の摂取が目安になります

 

2.カンジダサポート

 

 

これはカンジダ菌という体内の常在菌のバランスを整えるのに役立ってくれます。

 

カンジダ菌は体内のあらゆる所に存在する常在菌ですが、これが増えすぎると、口内炎やニキビ、湿疹、謎の疲労感などと、体にあらゆる不調をもたらしてしまいます。

 

カンジダ菌が増えすぎると、腸内を荒してしまうことがあり、腸壁の破壊にも繋がってしまうんです。

 

私の場合、これを飲みだしてからは謎の腹部膨満感に悩まされる回数が劇的に少なくなりました。

 

3.乳酸菌

 

 

これは乳酸菌サプリですね。
腸内細菌のバランスを改善することで、胃腸の炎症や、腸壁の損傷防止に繋がります。

 

8年間のニキビケア奮闘記

 

こんにちは、当サイト管理人のはっとりです。

 

8年以上ニキビに悩み、皮膚科にで処方された塗り薬でも完治させることは出来ませんでした。

 

化粧品を買い漁ってもニキビは改善せず、一時期はニキビ治療を諦めた時期もありましたが今ではなんとかニキビを克服することが出来ました。

 

「ニキビは皮膚科へ」

 

と言われたりもしますが、残念ながら皮膚科で行うような対処療法ではニキビを根本的に治療することはできません。

 

1つ1つ原因を潰して行かないと、いつまでもニキビが出来る負のスパイラルの陥ってしまいます。

 

私自身、間違った知識、スキンケアの常識に振り回され、いつまでもニキビを繰り返していました。

 

治りが悪かったこともあり、ニキビ跡も出来てしまいました。

 

ですが、諦めずに自分のニキビの原因を追求していった結果、一般的に正しいとされているスキンケアの常識には、落とし穴があることに気づきました。

 

皮膚科に行っても治らなかったニキビを克服した体験記はこちら

 

 

ニキビケアに化粧品はいらない?

「たくさん化粧品を買ったけど一向にニキビが良くならない...」

「ニキビ跡が気になりすぎてもう限界」

「一生このニキビ肌だったらどうしよう...」

 

こんなことを思ったことはありませんか?

 

ニキビやニキビ跡が出来てしまうと、ついつい化粧品ばかりに目が行ってしまいますよね。

 

実は、いつも使っているその化粧品が、あなたの肌を知らず知らずの内に痛みつけているケースがあるんです。

 

「どんなに化粧品を買い漁っても何も変わらない」という時は、「化粧品すらも使わないニキビケア」がおススメです。

 

 

おすすめの記事